FC2ブログ

究極の光セラピー

SensoraSensoSphere は、
カナダの物理学者Anadi.M氏によって開発された
脳波を整えるためのLightTherapy 照明です。

Sensora20180805_1

これらはは、特殊な高精度アナログLED駆動回路を使用しており、
高純度でクリアな光を発光します。
自然の光である太陽光線が発光する調和の取れた光は、
私たち人間にとって命の源です。

SensoraSensoSphere は、
限りなく太陽光線の光に近い調和を再現しています。
また、ほとんどの商業用LED照明は、単一の光源を使用し、
激しいストロボ光パルスを放出するデジタル回路を使用していますが
この強い光パルスは環境ストレスとなり、私たちの心身に負荷を与えます。

SensoraSensoSphere
複雑な光パターンを作成するために17の独立した光源を備え、
それぞれが3原色(R・G・B)を備えています。
合計51のチャネルによって
高純度でクリアな光を放射するよう設計されています。

Sensoraは、
光と音の波長によって心身のバランスを整えたり
エネルギーチャージをすることが可能です。

Sensora20180805_2


光の波長と同等の音の波長を
専用のバイブレーションチェアから全身に伝達させます。
また、右脳と左脳に与える光刺激を変えることで
脳波により効果的に影響を与えるよう設計されています。


SensoSphere は、Sensoraのノウハウを
ボール型のライトタイプにしたものです。

SensoShpere20180805_1

Relaxingモード、Balancingモード、
Energizingモード、単色光モードの
4つのモードが組みこまれており、
それぞれが特定の周波数を発するよう設計されています。

Relaxingモードでは、
α波(8~12Hz)を発します。
α波は、リラックスを促し、
意識障害、認知症、精神疾患、睡眠障害に影響を与える周波数です。

SensoShpere20180805_4


Balancingモードでは、
θ波(4~8Hz,シューマン共振周波数7.83Hz)を発します。
レム睡眠時に発生する周波数で瞑想の周波数とも言われています。
Θ波は自律神経を整え、心身のバランスを整え、
エンドルフィンやセロトニンを活性させる他、
集中力やインスピレーション力を高める周波数です。
*シューマン共振周波数:地球の鼓動と言われる周波数のこと。

SensoShpere020180805_5


Energizingモードでは、
β波(12~20Hz)を発します。
Β波は、意欲を湧かせて心身を活性化させる周波数です。

SensoShpere20180805_3

単色光モードで再現される色光は無限数です。
色相はもちろん、濃淡調整も可能です。
単色光モードは、
集中して特定の色エネルギーをチャージするために役立ちます。

Sensora&Sensoraセッションでは、
顕在意識と潜在意識のギャップをみつけ
そのバランスを整える色を導きだすカラーチェックから
使用するモードを選定します。

光と音の波長刺激によって、
本質的に大切な思いや価値観に気づきを得て
その意識を顕在意識に刻み込むことで
望んでいる方向へ
現実的な変化へと繋げることができます。


スポンサーサイト