FC2ブログ

【色の処方箋】 背中の不調に隠された心理

【病は気から】 と言われるように
病院へ行っても原因が分からない痛みや体の不調は

心のバランスの崩れのSOSかもしれません!!

☆彡色の処方箋 体の症状から心を読み解くシリーズ☆彡
4回目は【背中の不調】。


Bulu



---------------------------------------------

背中が痛い
背中が重だるい
背中に脂肪がついた・・・
そんな背中に不調に隠された心理は

*余計な荷物を背負い過ぎている

*自由になれない

*プレッシャーや責任を感じている


ことにあります。

背中と関わる心理は
責任感からくるプレッシャーです。
背中は「おんぶ」することに関連していて、
自分の責任というよりも、
人のことに関する責任や荷物を
背負い込んでしまっている状態です。

しかも、最近背負ったものではなく
過去から継続して背負い込んでいるものであり
逃れられないと感じる心理が働いています。

逃れられない=自由になれない
という心理に繋がります。

背中に余計な脂肪がついてしまうのも
脂肪=余計な思い なので
本来は背負わなくても良い
背負いたくない
お荷物・・・ということですね(^^;)

また、肩甲骨は「天使の翼」と言われます。
このあたりが不具合を感じる場合は
翼が折れてしまっていたり
自由に羽ばたけないでいます。

背骨は身体を支える役割を持っているので
背骨が不具合を感じているときは
支援がない孤独感
自立できていない依存性
を生むことがあります。

そんな背中に不調を感じたときの
処置カラーはターコイズです。

水のイメージを持つターコイズ
デトックス効果抜群で、余計な価値観をそぎ落とし
芯の強さ・あるがままの自分を取り戻してくれます。

優しさやプラスの責任感によって
周りの人の助けるために背負うことは素敵なことですし
ときには、それも必要なこともあります。

でも、背中に不調を感じなら
その背負い込みは必要ないことなのかもしれません。

自分の価値観、意思を再確認して
自由に翼を広げて
楽しくと明るく大空に羽ばたきましょう!!

---------------------------------------------

色を使うポイントは
できるだけ毎日の中で頻度高く
その色を【見る】ことです。
目は脳の一部と言われていますので
目で見ることが脳への刺激として
一番効果が得られます。

身体の不調ではない
(病院でも原因がわからない)
背中の痛みや不具合は
さきほど挙げた心の状態が
原因であることが考えられます。
その心の状態を改善しなければ
根本治癒にはなりません。

色彩療法を1週間続けても
改善がない場合は
病院で診察を受けるか
病院では原因がわからない
または、ストレスと診断された場合は

【心の健康診断】をオススメいたします☆

【心の健康診断】はコチラ
スポンサーサイト