緑光は糖尿病予防の助けになるか

オーストラリアのアデレード睡眠健康研究所の
レオンラック博士が開発した
体内時計をリセットするメガネ「リタイマー」

リタイマー


レンズがないゴーグルタイプで
内側にグリーンライトが装着されていて
ゴーグルをかけてグリーンライトを点灯させて使用。

不眠や睡眠障害に限ってのことではなく
アメリカのD・Pガアディアリ博士は
【緑は名医】という言葉を残しているほど
緑色はさまざまな不具合の調整をしてくれる強色です♡

不眠症や睡眠障害によく使われる機器は
ほとんどが大型なので
このくらいコンパクトだと使い勝手もよさそうです(^^♪

また、光は使用しませんが
新製品「Thim」も新たに開発されたそうです。


===========================================================
●英国の約700万人が糖尿病予備軍であると考えられている。
●さらにそのうちの10%が本格的な2型糖尿病を発症するであろう。
●オーストラリア製品リタイマーは、毎日1時間の着用で血糖値を制御する可能性がある。

眼に明るい光を放つハイテクゴーグルは、
2型糖尿病の発症を阻止する可能性があり、
このゴーグルは、光が身体時計の作用を調節し、
特定のホルモンの放出を調節するという原理に基づいている。
この理論は、血糖値を制御するホルモンの放出が不規則な人
(すでに血糖値が上昇傾向にあり、数値が正常ではない人)に該当する。

最新の実験では、糖尿病前立腺がん患者が
毎朝4時間ゴーグルを着用したところ、
グルコースとインスリンへの影響が測定された。

英国の約7百万人が前糖尿病(糖尿病予備軍)であると考えられており、
約10パーセントが本格的な2型糖尿病を発症すると予測されている。
前糖尿では、細胞はインスリンに適切に反応しなくなる。
通常、炭水化物が糖に分解されると、
インスリンはグルコースを細胞に届け、
エネルギーとして蓄えられる。
しかし、体がインスリンに対して抵抗性になると、
細胞は容易にグルコースを吸収することができず、糖が血中に蓄積する。
12時間の絶食後の健康な血糖値は4〜6mmol/L(血液1リットルあたり)である。
7より上の数字は糖尿病を示し、6.1と6.9の間のものは前糖尿病と呼ばれる。

最新の治療法は、朝の明るい光に曝露すると体内時計がリセットされ、
インスリン感受性が高まり、血糖値が低下するという考えに基づいている。
Journal of Biological Rhythmsの研究では、
明るい光線療法後の改善に関する多くの報告があることがわかった。

例えばある患者は、
30分のセッションを10回実施した後の最初の朝にインスリン感受性が増加した。
新しい実験が行われている米国のノースウェスタン大学病院の研究者は、
明るい光に曝露すると代謝も変化することを過去にも発見している。
朝の明るい光にさらされた人々は、朝食をどれだけ食べたかに拘わらず
正午以降に暴露された人よりも体重が少なかった。

どのように光がこの効果を有するかははっきりしていないが、考え得る一つの理論は、
光が脳内のホルモンであるメラトニンの放出を調節するということである。
メラトニン放出はインスリン分泌および代謝に影響を与えることが示されている。

Re-Timerと呼ばれるゴーグルはレンズなしの白いフレームで、
フレーム内には4つの小さなライトが装着されている。
この光が目に届き、
脳の体内時計の中心を調節するのを助けるように設計されている。
このゴーグルは、オーストラリアのフリンダース大学で
睡眠障害と季節性情動障害を治療するために開発された。

最新の実験では、
34人の患者がゴーグルを着用し、何人かのゴーグルは明るい光を放ち、
他の人のゴーグルは、ぼんやりした光を点灯させ、プラセボとして実施した。

ロンドン内分泌センターの内分泌学者、ポール・ジェンキンス博士は、ゴーグルについて
「光の曝露は、身体のホルモンの一部に深刻な影響を与える可能性がある。
インスリン感受性に対するこの光線療法の影響を調べることは興味深い。
外に出て日光に曝されることと同様に有益かもしれない。」
とコメントしている。

余談ではあるが、緑色のバナナは
糖尿病と前糖尿病の治療に役立つと言われている。
ブラジルのサンパウロ連邦大学での新たな試験では、
いずれかの状態の136人の患者に緑色のバナナ抽出錠剤
またはプラセボを6ヶ月間毎日投与した。
緑色のバナナは耐性の澱粉が豊富で、
過去の研究ではこれがインスリンに対する細胞の感受性を改善し、
2型糖尿病の発生率を低下させることができることを示唆している。



引用サイト:mail online
http://www.dailymail.co.uk/health/article-4851772/Can-goggles-STOP-getting-diabetes.html

スポンサーサイト