2017年06月の記事

脳傷害の回復に対する体温と光の影響

Chronobiologyより新しい研究によると、私たちの体温は脳の損傷を持つ人々の回復を改善することができるかもしれない。人間は温血であり、私たちの体温は外気の温度を維持するのではなく、身体によって制御されている。しかし、私たちの体温は37度で安定しているわけではない。活動レベルや概日リズムによっても1日を通してわずかに変化している。この概日リズムによるパターンは、脳損傷を持つ人々が意識を取り戻し、回復する助け...

光が脳の瞑想スイッチをオンに

Irish examiner より私たちが知る限り、マウスは瞑想をしない。しかし、マウスの脳を活性し、瞑想がどのように人の脳の細胞レベルに影響を与えるかを研究しているオレゴン大学の研究者は、マウスの脳での再現を試みた。過去の研究では、瞑想している人の脳の前帯状皮の中または周りには、白質を有している傾向があることが示唆されている。前帯状皮は感情を調整する部分である。また瞑想は、落ち着いた状態に関連するリズミカルな...