カテゴリー "色と光Topics" の記事

医療施設における色彩心理効果

早稲田大学人間科学研究科の学生さんの「医療施設におけるイメージ調査」の研究によると長期間滞在する病室や待合室のような空間は落ち着く要素が望まれて「青や緑」が好まれ、MRI室のように一時的、短時間利用する空間では明るく、軽快な要素が望まれて「黄」が好まれる傾向にあるとのデータが出ていました。確かに、長期間病院内に滞在しなければならないのであればリラックスした居心地の良さを求めますね。でも、MRI室は検査に...

若者世代の色彩感覚に関する調査

何年にも亘ってカラーセッションをしているとその年々で人気カラーがあるな~と感じていました。2、3年前はターコイズやマゼンタが人気でその心は『 この先、どうしていったら?? 』『 自分らしく生きていきたい』という人生の方向性や自分自身のあり方が表れていました。2016年はオレンジが大人気でした♫その心は・・・『 もっと自由でありたい!! 』という心理の表れ。色に心が惹かれるその裏には時代背景や社会経済、環境が...

不眠やウツに悩む現代人にライトセラピー

ワールドヘルスレポートより抜粋----------------------------------------------------------------------古代ギリシャ、ヒポクラテスの時代から日光は医療で利用されてきた。現代医学においても19世紀後半から日光を治療に利用する医療現場が増えている。ライトセラピー(光療法)にはどのような効果があるのか。最新情報を報告する。高齢者の変性関節炎の痛みが軽減1980年 A・J・Lewyら研究者グループが科学雑誌「Science」で日...

安眠に効果がある色は??

一般的に寝室には鎮静効果がある【青や紫】、リラックス効果がある【緑やベビーピンク】が良いとされていますが・・・ホテルサ予約サイト Travelodge が2,000件のイギリス家庭を調査した【安眠に最適な色調査】の面白いデータを見つけました。注)睡眠時間は個人差があるので長ければ良いわけではありませんが一般的に覚醒時の生産性が上がる平均睡眠時間は約7時間とされています。----------------------------------------------...

人工照明の健康への影響

NEW YORK Times ネット情報 WELL より-------------------------------------------------------最近の動物での新たな研究によると光害へ過度の露出は、筋肉や骨強度に影響を与える可能性があることを示唆している。オランダのライデン大学医療センターの研究者は6ヶ月間、通常の明暗条件下で生きるラットと暗闇に12時間、照明照射12時間の条件下で生きるラットを比較して、その健康状態を調査した。医学誌カレントバイオロジーに...